力を抜いて、自分らしく、好きなことをして暮らしたいなと思います。私の好きなことを中心に、日々のことを綴っていきたいと思います。


by coolbeansday
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アシュタンガヨガ

今日はアシュタンガヨガをしにyogajaya
昨日渋谷で迷ってハーフプライマリーのクラスに出損なったので
今日は余裕を持って家を出発
8時過ぎの電車に乗ったら会社へ向かう人でいっぱい
みんな神妙な面持ち
私もついこの間まではこの人たちの一員だったんだなぁと思いながら
今好きなことしかやっていない私ってほんと幸せ者だと改めて実感
この時間を大切にしないと☆

さて、代官山に到着
案の定道に迷い(反対方向に歩いていた・・・)20分かけてスタジオへ

今日のレッスンの生徒は私ともう一人のみ
マイソールスタイルでの練習
最初、二人しかいないから先生からの視線や、場所に慣れていないので
集中できなかったけど、次第にそれどころではなく、ヨガと自分の世界へ

二人しかいないだけあって、いろいろとアシストやアドバイスをもらった
まず、downdog、私は足の甲をつけてなかったんだけど、つけるように
いわれた。言われたとおりにすると背中をもっと反ることになり、太ももが
結構つらい。今までこれ、やってなかったんだなぁ、私・・・

ウッティタ・トリコナ・アサナでも肩の入れ具合のアドバイス
言われたとおりにすると、手がもっときれいにあがるし、ひねりも
いつもより入ってるのにつらくない

プラサリータ・パードッターナ・アサナでは手をもっと奥にねと
そしてCでは両手を床へ
もう少しで、これ以上やったら痛すぎますというところでなんとか床についた

パールシュヴォッターナ・アサナでは足を置く位置について教えてもらった
教えてもらったとおりにすると安定する

ウッティタ・ハスタ・パダングシュタ・アサナは腰の位置
どうしても足を高く上げようとすると腰が歪んでしまう
でも、大事なのは足を高く上げることより腰の位置

そしてジャンプスルー
はなからできないと決め付けてやっているつもりはないけど、自分はできないと
思いながらやっていたのは確か
先生にはやっぱりそれはバレバレなわけでジャンプスルーして
お尻がついてしまってもがんばって前へ行く努力をするように言われた
shitting poseになれば、これはいやというほど出てくる
今日はそのたびに言われたように練習したら少し以前より前へ
いけるようになった(気がしただけかもだけど・・・)

ほかにもたくさんアシストをしてもらい、時間の関係でマリーチ・アサナDまで
やって、finishing

今日は先生にいっぱいいろいろと教えてもらえてかなり充実したレッスンだった

それにしても、私のこの夏の課題はJump throughなのかなぁ
TTCでの課題のアサナもロラアサナでjump throughできないと
できないポーズだし・・・
どうしてJump throughができないか・・・
たぶん一番の原因は恐怖心
前へ飛んで頭からこけるのが怖い
私の場合、 うまくなりたい情熱<恐怖心
この比率をもう少し変えないとなぁと改めて思った
[PR]
by coolbeansday | 2007-08-10 12:46 | Yoga