力を抜いて、自分らしく、好きなことをして暮らしたいなと思います。私の好きなことを中心に、日々のことを綴っていきたいと思います。


by coolbeansday
カレンダー

<   2007年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

昔の女性はできていた

本をもう1冊。「昔の女性はできていた―忘れられている女性の身体に“在る”力
昔の女はできていた。何を?それは月経血のコントロール。
男性にはまったく「?」な世界だね。女性にとっても?かも。

c0090278_11555064.jpg以前から、昔の人ってナプキンなくてどうしてたんだろうと疑問に思っていた。
答えは月経血をコントロールしてお手洗いにいって出してた。そう、おしっこみたいに。
「は?」と思うかも。でもこれ、訓練したら出来るようになるみたい。
私は訓練したことないけど、ヨガとウォーキングを習うようになって、このコントロールが不可能でないことがなんとなく、わかる。意識するようになったら完璧ではないけど、ある程度コントロール出来るようになった。トイレに行く回数は増えるけど、ナプキンが汚れる度合いが以前より減った。外出中はなかなかトイレに行けなかったりするからあきらめるときもあるけど、案外できるものだと思う。トイレにいってどれだけHold出来たか確認するのが楽しかったりする(笑)
ただ、腹筋というか丹田、バンダを鍛える必要があるけどね。
そう考えると、着物ってすごい。あれを着ると、姿勢もよくなるし、バンダがしまる。というかしめないと帯に体がとらわれてしまう。普段猫背な人は着物を着ると、すごく疲れるし、翌日おなかが筋肉痛になったりすると思う。でも普段から背筋がぴんとしている人は着物を着ても案外疲れない。いつもの姿勢と変わらないから。それを私は身をもって体験した。
そう、昔は筋肉痛になったけど、今はならないし、着物もつらくない。
[PR]
by coolbeansday | 2007-09-30 11:56 |

前世療法

c0090278_11264393.jpg最近、といっても2週間ほど前、ブライアン・L. ワイス 氏の「前世療法」という
本を読んだ。きっかけはソフィアのヒーリングセッションかな。
彼女のセッションを受けてから、前世や予知といったことに対して以前より肯定的になった。
そしてこの本との出会いはマイミクのゴンさんのお師匠様がブライアン・L. ワイス よりセプノセラピーを習ったと聞いたから。

アマゾンで検索すると、おぉ、ユーズドはかなりお買い得なお値段。
と、購入して、読み出したら、一気に読んでしまった。
感想は一言で言うと面白い。是非体験してみたい。しかし、彼はもうやってないみたい。
教えてもらうことは出来るみたい。アメリカまで行ったらね。とぉ。
ということでこの本も買っちゃいました。
c0090278_11301917.jpg

でもまだ1回しかやってない。そして前世は体験できなかった。
でも、気持ちよかった。やりたいと思い結構持ち歩いてる(今は妹宅で
泊り込みで甥っ子の面倒を見る日々なので)
[PR]
by coolbeansday | 2007-09-30 11:32 |

遥道会一日目

今日から遥道会3期が始まる。
そう、私は今日から遥道会3期生☆
1期生募集の時は気になったけど、まだ自分には敷居が高すぎ、2期生募集の時は仕事場が遠かったのと、仕事に忙殺されていたため余裕がなかった。いよいよ3期生の募集。
説明会の時は入る気満々。実は2期生の時も結構真剣に参加することを考えていたので、説明は一度聞いていた。
説明会の時は入る気満々、じゃぁ今は?
正直、かなり迷いがあった。それはジュールに会ったから。
彼はジバムクティの先生。でもジバムクティを創めたDavidもSharonもShri K. Pattabhi Joisを師として仰いでいる。そしてジュールもマイソールに行ってる。だからアシュタンガからかけ離れてもいない。
何が違うかというと、アシュタンガはアサナの順番が決まっているのに対して、ジバはないこと(でも、14項目は必ず1クラスに入れないといけないという決まりがある)そして、チャンティングやアサナ以外の項目、アサナをやっている時の意識の持ち方、そしてアヒムサ(非暴力)
(実際、ジバは5つの主な特徴を挙げている。上記は私が気になるところ)
アヒムサがねぇ~。ベジタリアン・・・。
また話がそれてしまった。

More
[PR]
by coolbeansday | 2007-09-29 23:14 | Yoga

好きなもの

私は変わったものが好きだったりする。
その一つが高麗人参茶。ほのかに甘くておいしい、と思う。
でも大抵の人はこの「ほのかに甘くておいしい」を全否定する。
昔、小さい頃に家に高麗人参茶があり、足が沢山ある人参の絵に
興味を惹かれ、いつも飲んでみたいと思っていた。ある日、母に
飲んでみていいか聞いて(というか、たぶん何度もしつこく聞いて、
母が根負けしたんだと思う)、ついに封を開けた。足の沢山ある人参が
どんな味なのか(もちろんおいしいことを期待して)わくわくしながら一口。
「うぇ~まずい(><)」
結局最初の一口で終了。おいしいかもしれないという淡い期待は見事に
打ち砕かれ、開けてしまったけど、もう絶対にこれ以上飲めない申し訳なさが
心に残ったのを覚えている。
その後、高麗人参=まずいものとインプットされ、何年かたち、
妹が韓国土産に高麗人参茶を一袋、くれた。まずいからいらないと
言ったんだけど、そんなことないから飲んでみたら?といわれ
恐る恐る飲んでみたら・・・おいしい。(しかし、妹は薦めたことを覚えていない
らしい。無責任な・・・)
そこから私の高麗人参茶好きは始まった。
依然勤めていた会社では韓国の会社と取引があり、高級な高麗人参茶と
カプセルに入った粉末がプレゼントされたようで、それが放置されていた。
もちろん、いただきました♬
韓国人の友人と分け合い、すでにお茶は飲みきってしまった。
今回の旅行でも、高麗人参茶、ちゃんと買ってきた。
高麗人参茶が好きとお店のおじちゃんに言ったら、やっぱり驚かれた。
どうやら珍しいみたいね。確かに、高麗人参茶が好きな日本人には
会ったことがないかも・・・。
韓国人の友人も変わった日本人といいつつ、よくお茶をくれる。
その友人は松坂へ転勤。あ~韓国料理を食べる機会が減るよぉ(><)
[PR]
by coolbeansday | 2007-09-28 22:29 | お気に入り

韓国旅行続き

二日目は半日ツアーに参加。
ホテルでガイドさんと待ち合わせをして、その後別のホテルでほかのツアー参加者をピックアップ。日本人は全部で5人。ほかに西洋人(何人か会話をしてないからわからない)二人の合計7人。
c0090278_053067.jpgまずは清渓川 (チョンゲチョン)
ガイド本にもあったけど、街の中の憩いの場といった感じ。川の流れにそって歩いていると気持ちもゆったりとしてくる。(写真は川の始まりの地点を示すモニュメント)

それにしても、ガイドさんの日本語はすごい。日本人?と思えるくらい流暢。一緒に働いていたオッパーを思い出すわ。私はオッパーに日本語のビジネス文章の駄目だしをされてた(^^;
そして、お店の人たちもみんな流暢な日本語か、片言の日本語を話す。すごいなぁ。私の知ってる韓国語って…5つくらいしかないわ。

More
[PR]
by coolbeansday | 2007-09-27 23:47 | 旅行

韓国旅行

9月25日から母と韓国へ。
母と二人の旅行も始めてだし、韓国も始めて。
仕事を辞めて、したいことの一つに旅行があり、そして、両親と行きたいなぁと
思い、母に「どっか旅行いこっか」と聞いたら二つ返事で「行く」と返事が。
ほんとは父親もと思ってたんだけど、行き先が海外になったら、父親は
行かないと。しかし、母は海外に行こうと言い出し、もう気持ちは海外へ
行ってしまっていたので(笑)今回は母と二人旅行。

More
[PR]
by coolbeansday | 2007-09-27 23:15 | 旅行

試作会

今日は試作会。
私は上級クラスに全部参加していないので、今回は中級のみ。
作ったのは玄米おかゆパン
c0090278_1551937.jpg


More
[PR]
by coolbeansday | 2007-09-22 22:04 | リマクッキングスクール
明日の試作会のため、東京のリマから森先生が見えた。
そして、その前日はお料理教室。午後は試作会の準備があるため、午前の
和の料理の方に出席。
献立は
押し寿司
凍み豆腐の煮浸し
玉ねぎの甘煮
ゴマ豆腐
かぼちゃのきんとん

押し寿司の具は紅しょうが、大葉、いり卵風、うなぎもどき
いり卵風は木綿豆腐を水切りしたものに蒸してマッシュした南瓜を加えて
炒め、いり卵風に。豆腐はいためていくと、どんどんぽろぽろになる。
うなぎもどきは、レンコンと大和芋のすったものを海苔に乗せて油であげる。
これは、レンコンや大和芋がなければ、木綿豆腐で代用可。
このもどきにしいたけのだし汁を、しょうゆ、塩で味を調え、葛粉でとろみを
つけたものをかける。このタレがまたおいしい。

凍み豆腐は簡単絹ごし豆腐を冷凍させておき、それを解凍すると、層になっていて
湯葉みたいな感じになる。それをだし汁にいれて、水菜を入れて、味を調えてできあがり。

ゴマ豆腐はみんなで交代しながら約10分、がんばってかき混ぜた。
今回のは、黒ゴマバージョンも少し作ってマーブル模様に。

そして南瓜のきんとん。これはマッシュした南瓜を小豆餡の周りにつけていった。
南瓜も、小豆も米飴で甘くしてある。
森先生は米飴を使うことが多いみたい。メープルとかよりやさしいからって。

c0090278_18244066.jpg

[PR]
by coolbeansday | 2007-09-22 18:24 | マクロビ

気になる・・・

どうやらジバムクティのTTCがかなり気になるらしく、起きて何かしていないと、自然とどうしようか考えている自分がいる… う~ん
c0090278_23143573.jpg


More
[PR]
by coolbeansday | 2007-09-21 01:51 | Yoga

今日は岐阜へ

今日のジュール先生のWSは岐阜
岐阜駅で待ち合わせて、とある公民館へ。
途中、先生にプレゼントする花を買ったりしてて、ちょっと遅れてしまったけど、到着して教室に行くと、生徒さんがいっぱい。それも60代、70代のおばあちゃんたちが多い。80代のおばあちゃんも。そんな中、先生が「敬老の日おめでとうございます」といったらみんな笑って、私はまだよという風に自分より年上であろう人の方を指差してた。
クラスが和んだところで、スタート。タダ-サナをゆっくりとやっていく。おばあちゃんたちも先生の言うことに一生懸命従おうと、「足を閉じて」といったら、閉じて、「前を見て」といったら、前を見て、ほんと真剣。終わった後はおそばを食べに連れて行ってくれた。車でヤマを上ること約15分目的地到着。席があくまで少し待って、4人がけの席が空いたのでまず先生を・・・あ~通訳(私)も、と座ってみたら、今日名古屋から来たメンバー。せっかくだから先生を囲んで生徒さんが食べたほうがいいのにと思うけれど、そうやって客人を先に座らせてくれるのが日本人。先生は完全菜食主義者なので先生用にお餅やら、豆腐を特別に注文(よく食べるから一人分じゃ足りないという理由もあるけど)。後で席が空いてきたので、机をくっつけて何人かの人たちをおしゃべりをしながらおいしいおそばをいただいた。
ここでヨガをやってる人はみんな明るい。別に名古屋でやってる人が暗いというわけじゃないんだけど、もっと人生を楽しんでいるような、楽しんできたような。人生経験が違うからかな。めちゃめちゃ元気で、先生もその勢いに圧倒され、帰りはちょっとお疲れ気味(^^;

名古屋へ戻り、次のクラスまで時間があったので、マッサージにいったり、フォンカードを買いに行ったりして、一緒に時間をすごした。
夜のクラスは全レベル対象のジバムクティクラス。全レベル対象というのはかなりハード。先生にどんどん言っていくから、訳がついてこれなくても心配しないでね、といわれているクラス。体を動かし始めて15分でみんな汗だらだらで、先生が話をするために一度座らせると、みんなの顔がほっとしているのがわかる。ここでまたジバムクティとは、ヨガをはという話をし、またアサナに入る。あっという間の1時間半。
先生はまだ24歳。でも、ヨガをしているとき、ヨガについて話しているときはどうしてもそう見えない。(というか普通にその辺歩いてても見えないかな・・・。)よく、クラスで先生が話す、オーラのようなものが先生の周りにはあると思う。私の通訳がなんとか、先生の言いたいことが伝えられるのも、その先生の力というか、何か別の力が助けてくれているような気がする。

c0090278_111292.jpg最後のクラスが終わった後、みんなで食事をしに和屋Amiへ。
ほっとする、おいしいご飯を食べながら、やっぱりヨガについてをみんなで語り、そして、私は(ヨガの本を持ち歩いたり、ジバムクティの資料を持ってたので)nerdとからかわれ(^^;
おなかが満たされたところで、お店から歩いてテレビ塔の方へ向かう。一人でこの距離歩くとかなりあるけど、先生と話しながら歩いたら、あっという間。
ジバムクティヨガ・・・ジュール先生を通して知ったけど、たくさんの人に受け入れられやすいヨガだと思う。
私はアシュタンガが自分でやるのは好き。どこまで出来てどこが出来ないか明確だから。
でもヨガを教えたいとなると、アシュタンガは教えられないなぁと思う。もちろん、自分の技術が伴ってないからというのが一番の理由だけど、あのフルプライマリーを今日来てくれたおばあちゃんたちに教えるのは出来ない。そうなると、私はどうやって周りの人たちにヨガを伝えたいんだろうとまた迷路の中へ入っていく。
その点、ジバムクティは万人向けなスタイルだと思う。ただ、完璧に実践するとなるとビーガンになるということ。今の私の考え方というか思うことは、ビーガンになるということは、自分の民族の歴史とか食生活を否定することになるんじゃないかなということ。そして、日本人の間に広めるのは難しいと思う。
日本人は魚をたくさん食べる。恵みをくれた海に感謝して、昔の日本人は食べてきた。今はといわれると、食べ物に対するありがたみがなくなっているように思う。
大切な命をいただいて、自分のおなかを満たしている、そんな意識を持つことがまずは大事なんじゃないかなぁと思う。
私の今のスタンスは、自分で作るとき、外でもなるべくはマクロビ食、でも無理なときはお肉(豚、牛)は食べない。そして、出された食事を一緒にいる人たちと楽しんで食べる。マクロビ食にこだたって、これはだめ、あれもだめとか決め付けてしまって、楽しめないのも駄目だと思うから。
しかし、バランスよく食べないと、体にサインが出る。今の私は夏に陰性なものを食べすぎたサインが出てる・・・。体って正直なのね・・・
[PR]
by coolbeansday | 2007-09-18 23:27 | Yoga